4.15.2011

Foot Bath (a Volunteer Activity in Earthquake and Tsunami of Eastern Japan)

「足湯」 東日本大震災でのボランティア活動にて
Foot Bath (a Volunteer Activity in Earthquake and Tsunami of Eastern Japan)



video
Foot Bath, a Volunteer Activity
「足湯」ボランティアの様子

  東日本大震災の被災地の一つ、宮城県石巻市で行われた被災者支援活動「足湯」に参加してきた。(活動の様子は上の動画にあり)

  この足湯サービスは、日本財団が実施しているROADプロジェクトの1つであり、今回、私もそのボランティア活動に参加させて頂いた。ROADプロジェクトでの足湯サービス活動場所は、宮城県石巻市・七ヶ浜町、岩手県遠野市である。

  一緒に活動したボランティアは総勢20名。今回は、石巻専修大学や石巻高校に開設された避難所内で足湯を行った。

hot water for foot bath
足湯用のお湯を作る

  お湯の入ったたらいに10-15分ほど足をつけてもらい、その間に手や腕にマッサージを施す。マッサージを行いながら、雑談などもする。

foot bath and massage
足湯とマッサージ

  足湯の間の雑談では、地震後に襲ってきた津波と、それに続く火災の恐怖、雪も降る寒さの中で耐えた震災当夜のことを語りながら涙ぐむ方もいらっしゃった。今でも夜に、恐ろしい光景を夢に見て怖い思いをすることもあるのだという。また、震災1ヶ月が過ぎた現在も避難所に留まる方々は、津波と火災で自宅等全ての財産を失った方が多い。「全てを失ってしまった。身一つで逃げてきたんだよ」と語る方には、掛ける言葉もなく、ただただお話しを伺うばかりとなった。もちろん、ほとんど何も語らない方もおり、しかしそれでも、少しはリラックスしてもらえたのであれば、我々ボランティアにとっては、うれしい限りである。
  すでに1ヶ月が過ぎ、プライバシーもない不自由な避難所生活に相当な疲れがたまっているようであった。また、避難所から自宅に戻ってはいるものの、地震と津波被害を受けた家で、不自由な暮らしをしている被災者も相当数いらっしゃると聞いた。

foot bath and massage
足湯とマッサージ

  県や市など地方自治体も被災者救済と復興に向けて頑張っているが、するべき事が多すぎるからか、なかなか思うようには動けないことも多い様子だった。その分を、小回りの効くNGO団体や個人などが補完するかのように動き、炊き出し、室内に入った泥出しなど様々な活動を行っている。


Volunteers (shelter in Ishinomaki Sensyu univ.)
ボランティアたち(石巻専修大学内避難所)

  今回、一緒にボランティア活動した人たちは、お互い初対面であったが、やる気と前向きの気持ちが強く、何事も一生懸命自ら進んで動く人ばかりであり、ちょっと驚いたのであった。これはおそらく、災害復旧に入っているどの団体でも同じなのであろう。

video
the affected area of Earthquake and Tsunami of Eastern Japan (Ishinomaki city)
東日本大震災での被害の様子(石巻市)

  被害は甚大であり、ガレキの撤去などはなかなか進まず、時間がかかっているのだという。その理由としては、災害の規模が大きすぎるということもあるが、実は、ガレキの下には行方不明者の遺体があることも多く、撤去作業を慎重に行わざるを得ないということもあるのだとか。悲しい話である。

the affected area of Earthquake and Tsunami of Eastern Japan (Ishinomaki city)
東日本大震災での被害の様子(石巻市)

  被災地では、沢山のボランティアが必要となっているが、宿泊場所や食料等をボランティア自身で準備しなくてはならない事が多く、また、日々変化する現地状況が掴めず、躊躇している人も多いだろう。確かに、強い余震や再度の津波も起きている。それによる停電や断水もある。ただ、各地の復旧は進んでおり、スーパーや外食チェーン店では、平時と同様に営業できている店をいくつも見かける。仙台などでは、すでにナイトパック(宿泊)コースもある漫画喫茶が営業しているのだとか。
そもそも、同じ石巻市内でも、津波被害を受けていない地区では、M9.0の巨大地震を受けたとは思えないほど外見が無傷の建物を多数みかける。日本の建物の耐震性能に驚くと共に、津波被害の有無が分けた明暗の強烈な差を見せ付けられた思いがした。